【美人面犬の飼い方】無料のネタバレをエロ画像入りネタバレ配信を読むことができます!!

美形犬、さんへの命令です。

窓を開けてください。

 

喘ぎ声を抑えずに、イクまでオナ○ーしてください。」

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

この漫画のネタバレ

これは、銭湯でのエッチな体験談です。

 

 

私は、銭湯が好きです。

 

今回は、いつもと違う銭湯に行きました。

 

 

その銭湯は、年に何回かしか行きません。

 

 

さっそく券を買って番台のほうへ行きました。

 

すると番台に、おばさんがいました。

 

そのおばさんは、胸がガバガバです。

 

最近は、めちゃくちゃ暑いので、みんな薄着になっています。

 

 

ただでさえ、胸がガバガバなのに、服のシワのよれ具合で、さらに乳首まで見えそうになっています。

 

 

私は、石鹸を注文しました。

 

そして、おばさんが横を向いた瞬間にじっくり観察しようと、思いました。

 

でも、ギリギリ見えません。

 

本当にギリギリなんです。

 

 

乳首を見る難易度は、かなり高いことは知っています。

 

 

しかし、今回は行けそうです。私は、さらにシャンプーを注文しました。

 

 

買わなくてもいいシャンプーです。

 

おばさんは、シャンプーを取るために横になりました。

 

 

もう乳首が見えそうです。

 

 

でも、見えない。「やっぱり無理か…」

 

 

私は諦めて、男湯に入ろうと思いました。

 

 

しかし、私の足は止まりました。こんなチャンスはめったにない。

 

私は、もう一度番台に戻りました。

 

 

そして、T字カミソリを注文しました。

 

 

「今度こそ…」でも見えない!

 

やっぱり乳首は、難易度が高いのです。

でも、十分興奮できる体験でした。

 

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画のあらすじ

これは、トイレでのエッチな体験談です。

 

 

私は、父の介護をよくやっています。

 

 

父は車椅子です。

 

 

だから、町へ行くとトイレに困ります。

 

 

普通のトイレでは、できないのです。

 

 

歩くのがやっとなので。

 

 

障害者用トイレじゃないとダメなのです。

 

 

そんなある日、私は父と町へ出かけていました。

 

 

すると父は、トイレに行きたいと言いました。

 

 

困ったなと思ったのですが、トイレを探すと意外とあっさりと、見つかりました。

 

 

そこの障害者用トイレは、普段は女性用だけど障碍者も、使えますよというトイレです。

 

 

先に誰かが使っていたので、私と父は、入り口付近で待っていました。すると、女性がトイレから出てきました。

 

 

めっちゃ可愛い女子高生です。

 

 

女子高生は、急いで走っていきました。

 

何を急いでいたのでしょうか。私と父は、そこのトイレに入りました。

 

 

その瞬間、私は何かに気づきました。トイレをよく見ると、ちょうど便座の前の上の部分におしっこが、一滴乗っかっているんです。

 

 

説明しにくいんですが、男性だったら、便座に座ったらちんこが、当たりそうな部分ってありますよね。

 

 

そのあたりのもうちょっと前に、一滴だけおしっこがポツンと乗っかっているです。

 

たぶん急いでいたので、急いで下をはいた時に一滴だけ落ちたんだと、思います。

 

私は、一瞬、欲しいと思いました。

 

 

もうド変態です。便座の中だったら無理ですが、上にポツンとあると、ちょっと興味が、沸いてきます。

 

 

でも、あっちの世界には行きたくない。

 

 

しかし、一滴ぐらいなら。

 

私は、少し葛藤しましたが、結局やめました。

 

でも、ちょっと興奮してしまいました。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のストーリー

 

ある日、私は、国道を車で運転していました。

 

 

すると、はるか前方に何かが見えました。

 

 

誰かが、歩道を走っているようです。

 

一生懸命、足をバタつかせて走っています。

 

 

全力疾走で走っています。

 

 

私は、その人を遠くからよく見てみました。

 

 

すると、なんか変なんです。上に着ている服が肌色なんです。というかなんか変なんです。

 

私は、もっと近くに行きました。というか車なので、自然と追いつきます。

 

 

すると、やっと異変が何なのかわかりました。

 

 

その人は、上半身が裸なんです。

 

 

裸で走っているんです。

 

 

しかも女性のようです。

 

 

若い女の子です。

 

 

こんな田舎では、考えられない事です。

 

 

ありえません。

 

 

私は、女性のおっぱいを観察しました。

 

 

全部見えています。

 

 

乳首まで見えています。

 

すると、国道の横に大きな車が一台止まっていました。

 

 

女の子は笑いながら、その車に乗り込みました。

 

 

どうやら仲間のようです。

 

その車に乗るために一生懸命走っていたようです。

 

 

バツゲームか何かをやっていたのでしょうか。

 

 

女の子は、もしかしたら酔っていたのでしょうか。

 

 

その車は、女の子を乗せるとすぐに去って行きました。

 

 

ナンバーを見ると大阪でした。

 

 

でも、私としては、女の子のおっぱいが丸見えだったので、かなり興奮しました。

 

 

乳首も丸見えだったので、びっくりしました。

 

もう二度と経験できないエッチな体験だと思います。

 

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

 

この漫画のレビュー

これは、私が工場で働いていた時のエッチな体験談です。

 

 

その工場は、班ごとに分かれて仕事をしていました。

 

 

私の班には、女性が3人いました。

 

 

そのうちの一人は、美人のお姉さんでした。私は、そのお姉さんの事が大好きでした。

 

 

優しくて面白くて、とても好感の持てる人でした。

 

 

仕事は単調ながらも、とても大変なものでした。

 

 

休憩は、お昼に1時間と3時に15分でした。

 

 

3時の休憩の時には、みんなで栄養ドリンクを飲みます。

 

 

私は、栄養ドリンクを準備する係りでした。

 

 

さっそく、冷蔵庫から持ってきてみんなに配りました。

 

 

みんな栄養ドリンクを飲みました。

 

 

私も飲みました。

 

 

「う~ん、美味しい」

 

 

そして、飲み終わった空のビンは、私が集めました。

 

 

空のビンは、所定の場所へ持っていきました。

 

 

その時、ふと頭に何かが思い浮かびました。

 

 

「これは、さっきお姉さんが飲んでいた栄養ドリンクだ、ということは、これをもらえばお姉さんと間接キスできる」

 

 

私の欲望は止まりませんでした。

 

 

もう、どうしようもありません。

 

 

私は、ありがたくいただくことにしました。

 

ご馳走様でした。

 

それから、お姉さんと会うたびにドキドキが止まらなくなりました。

 

 

お姉さんは、しばらくしてやめましたが、とても興奮した、思い出になりました。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画の感想

私が興奮したのは、あるテレビを見ていた時です。

 

 

そのテレビは、アイドルを自宅に招くというような内容だったと、思います。

 

 

細かい内容は、はっきりとは覚えていないのですが、アイドルは男性で、おばさんと二人きりになっているところを、影から観察するという感じだったと思います。

 

 

おばさんは、コーヒーを飲みながらアイドルと仲良く喋っていました。とても楽しそうです。

 

 

そのうちに、アイドルがスタッフの指示でトイレに行くんです。

 

 

おばちゃんは、部屋に一人きりです。

 

 

するとおばさんは、急にキョロキョロと周りを見渡しました。

 

 

アイドルが、ちゃっとトイレに行ったか確認しているようです。

 

 

そして、ここからです、ここからが重要なんです。おばさんは、急にアイドルが座っていた椅子に座りました。

 

 

私は、なんだろう? と思いました。

 

すると、そのおばさんは、急に深呼吸しました。

 

 

そして、「いただきます」と言って、アイドルが飲んでいたコーヒーカップを手に取り、ゴクゴク飲み始めたんです。

 

 

アイドルと間接キスしたかったんです。

 

 

この番組は、全国放送なんですが、こんなの放送していいの?と私は思いました。

 

 

それと私は、おばさん好きなので妙に興奮してしまいました。

 

 

単なるテレビ番組ですが、私にとっては非常に興奮する番組でした。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓