【口コミ】美人面犬の飼い方〜もふもふしながら犬のアソコに肉棒を突き刺す。

縛り上げられた種つけ犬は、身体を好き勝手に弄ばれている。

「やだ……っ、や、嫌……!」

赤黒いものが唇に押し当てられ、強引に割り入ってくる。

むせ返るような男の臭気に、涙がにじんだ。

 

「美人面犬の飼い方」

 

 

 

 

 

 

「美人面犬の飼い方」は公式サイトで読むことができます。

ぜひ読んでみてください。

「美人面犬の飼い方」公式サイトはこちら>>

サイト内で「美人面犬の飼い方」と検索してみてください。

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!!

 

 

 

 

 

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

【この漫画のネタバレ】

 

 

うちの可愛い飼い犬のこーく去年の5月中旬にある商業施設にて飼い犬募集の貼り紙を見つけて、一目見た時にこの子はうちの子になると確信し、商業施設の方にコンタクトを取り、引き受けさせてもらったのが出会いのきっかけです。

 

 

 

最初に飼い始めた時は生後1ヶ月いかないぐらいと聞いていて、約10cm~15cm程の大きさしかなく、よちよち歩き回っている姿が愛らしく、本当に小さくて可愛い過ぎる子犬ちゃんでした。

 

 

 

 

この漫画はBookliveコミックで

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

【この漫画の感想】

 

子犬用のミルクを人肌に温めてあげていたら、嬉しそうに飲んでくれる姿がまた可愛くて、沢山あげ過ぎちゃって拒否られたりしたのがいい思い出です。

 

 

最初はまだ子犬ちゃんだったので、色とか柄もはっきりしていなかったのですが、生後半年とかになるともう成犬に近いぐらい大きくなっていて、しっかりとハチワレの柄が出てきて、鼻の下にある黒子のような柄がくっきりしてきて他の犬ちゃんにはないこーくの可愛い特徴になりました。

その頃にはパウチのキャットフードを食べるようになってました。ただミルクからキャットフードに変える時はほとんど食べなかったりして少し痩せてしまう事もあり、不安になる事もありましたが、色々な種類のキャットフードを食べてもらって、好みの味を知る事も出来ました。

 

 

今ではだいぶおっきくなって、2メートル近くある冷蔵庫に平気でジャンプして飛び乗れる程になってます。

 

 

寂しい時は足元でごろんってして、撫でて欲しいっていう態度を取るのが凄く可愛い所です。

 

 

これから去勢手術をする予定ですが、去勢手術をすると甘えてくれなくなるらしいので、少し寂しくなりそうです。

 

 

「美人面犬の飼い方」

 

 

 

 

 

 

「美人面犬の飼い方」は公式サイトで読むことができます。

ぜひ読んでみてください。

「美人面犬の飼い方」公式サイトはこちら>>

サイト内で「美人面犬の飼い方」と検索してみてください。

 

【画像をタップするとすぐに読めます】
▽   ▽   ▽
タップ!!