【無料のお試し読み】美人面犬の飼い方~達磨さん転んだ&チンジャオ娘の新作漫画が無料で見放題!!

目隠しをされた人面美犬は、男にされるがまま辱められている。

「も、やめ……、嫌、……っ」

こじ開けられた口に肉棒が押し込まれる。

容赦なく喉奥を突かれ呼吸もままならず、ただ涙が零れた。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

 

この漫画のネタバレ

あれは、小学生の頃でした。確か暑い夏の日です。

 

町内の行事で海に行きました。

 

私たちは浜辺で、スイカ割りなどをやって遊んでいました。

 

みんなとても楽しそうです。

 

そして、しばらく遊んだ後、海の家へ行きました。

 

私は、女の子と向かい合って席に座りました。

 

よく思い出せないんですが、それほど親しくない女の子だったと、思います。

 

そして、カキ氷を注文しました。

 

すると、めちゃくちゃ大きなカキ氷が出てきました。

 

サービスしすぎです。

 

私は、女の子と一緒にカキ氷を食べていました。

 

すると、あまりに冷たすぎて頭が痛くなってきました。

 

それでも、私は自分の分を食べました。

もう、頭はキンキンに冷えて痛いです。

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓

この漫画の感想

 

女の子は、まだ半分以上残っています。すると、女の子は、「もう食べられない、残り食べて」と言って女の子は器を私のほうに持ってきました。

 

私は、「も~仕方ないな~」と言って、その女の子のカキ氷を全部食べました。

 

私は、幼い頃から間接キスに敏感だったので、とても興奮しました。

 

それにしても、あの女の子はいったい誰だったのか?まったくわかりません。

 

町内の集まりで行ったのだから、知っている人のはずなんですが。

幼い頃のエッチな夏の思い出でした。

 

【美人面犬の飼い方】

達磨さん転んだ&チンジャオ娘

<<この漫画を無料で読む>>

 

この漫画はBookliveコミックで

漫画名を入力して検索すると

お試し読みで

無料で読むことができます。

↓↓クリック↓↓